令和3年度 若狭高校全日制 1学期始業式 生徒支援部より


今年度、生徒支援部長を務めます、寺本幸司です。

 生徒支援部とは、その名の通り、みなさんがより良く、充実した学校生活をおくれるようにサポートする部署です。  
 今年度の生徒支援部は「心を強く」をテーマに、みなさんをサポートしていきたいと考えております。今、世の中は日々進歩し、便利なものが増え、日常生活のいろんなことが変化をしています。しかし、人間にとって本当に大切なことは昔から何も変わっていないと思います。それは「心」だと思います。向上心、優しさ、思いやり、周囲に貢献したいと思う気持ち、人を喜ばせたいと思う気持ちなどです。そんな「心」を育てていくために、「心を強く」というテーマを掲げました。  
  じゃあ、どうやって「心を強く」していくのか。それは「心をきれいに」「心を込める」「心を配る」この3つを日々の生活の中で、少しずつで良いので心がけ、実践していくことです。この3つを実践していくことによって、みなさんの心がどんどん強くなっていくのだと考えております。  これは高校生活だけにおいて大切なことではなく、今後ずっと続いていくみなさんの人生、みなさんが幸せに生きていくために大切なことです。是非、意識して実践していってください。  

 みなさんは、学校の成績やテストなどで100点を目指して努力していると思います。100点が取れることは本当にすごいこと、素晴らしいことです。しかし、100点を取ること自体が大切なのではありません。100点を取れるような力を、どう自分の人生に活かしていくか、どう大切な人のために活かしていくか、どう世の中に役立てるか、それが本当に大切なことです。仮に50点しか取れなかったとしても、その力を目一杯、誰かの幸せのために使っているのなら、それはとても尊く、美しいことだと思います。そして、その結果、まわりの誰かも自分のために力を使ってくれる、応援してくれるのだと思います。そのような生き方ができるように、「心」を育てていってください。  

 新3年生は、とても愛嬌があり、日々気持ちよく挨拶してくれ、積極的に授業や部活動に参加して活動している生徒さんがたくさんいます。新2年生、新入生は是非その姿を見習って、若狭高校の良い伝統を引き継いでいってください。共にがんばっていきましょう。1年間よろしくお願いいたします。