春季総体壮行式 激励


皆さんこんにちは。今回は5月21日に行いました春季総体壮行式の激励の言葉を紹介します。

 皆さん、こんにちは。5月末からいよいよ春季総体が始まります。東館ホールにインターハイ盛り上げ隊の皆さんが生徒の皆さんから寄せられた多くの素敵な応援メッセージを掲示してくれましたので、ぜひ見て力にしてほしいと思います。

 その中に「僕の分まで頑張って」というメッセージがありました。怪我などで出場できない生徒からのメッセージかもしれないなどと思いを巡らせているうちに、人が最も力を発揮できるのは、自分のために何かをする時ではなく、他者のために力を尽くす時であることに思いが至りました。

 1年以上にわたり、最前線でコロナ患者のケアに当たってくださっている医療従事者の皆さんがまさしくそうですし、身近なところでは皆さんのために毎日食事や洗濯、送迎などをしてくださる保護者の方々がそうです。多くの方が自分のことを後回しにして他者のために力を尽くしています。

 ですから、皆さんも自分のためにというだけでなく誰かのためにという思いを持って試合に臨んでもらえるとこれまでつけてきた力を十分に発揮できるのではないかと思います。

 まず、何よりこれまで共に練習に打ち込んできたチームメイトのために。
 そして、これまで支えてくれたご家族のために。
 最後に、応援メッセージを贈ってくれた多くの生徒の皆さんのために。
 感謝の気持ちがきっと皆さんの支えになることでしょう。