| Home | 学校概要 | 学科・コース | 学校生活 | 部活動 |

図書学習センター

図書学習センター

前野博紀氏講演

  若狭高校出身の華道家、前野博紀氏の特別授業が6月6日行われました。
ステージ上で生け花のパフォーマンスを披露。2年生約300人を前に、挨拶などの基本の大切さや悩みを前向きにとらえることなど、自身の高校時代を振り返りながら話されました。


本校図書学習センターに
「創世記」「花のチカラ」「花をいける、言葉をいける」
の3冊の著書を寄贈していただきました。


〜本を読んだ生徒のコメント〜
 お話を聞いたり、本を読んだりして、強い人だと思いました。作品を拝見したところ、僕の知っている「いけばな」ではないと感じました。人をいけるという発想が心に響きました。

子どもの読書活動優秀実践校・文部科学大臣表彰

日頃の読書推進活動が認められ、このたび、文部科学大臣表彰を受賞しました。




若狭高校の取り組み


@学校全体の取組み

 ・朝読書旬間。各学期1週間程度始業前の10分間を読書に充てる。(平成19年度〜 教務部と連携)

 ・校内読書感想文コンクール(国語科と連携)

・推薦図書「新・若狭高校の100冊」の選定(平成22年度〜 平成26年度に改定)


A図書部としての取り組み

・「読書マラソン」の実施(平成23年度〜)

  平成27年度からは通年で実施、読後に提出するコメントカードをポップとして活用 

B図書委員会活動

・出張図書室、学級文庫の設置

朝読書旬間初日には教室前廊下へ移動式の書架を使った“出張図書室”を開館。図書室へ生徒を呼び込むのではなく、図書室から生徒の中へ歩み寄り本を借りやすい環境を作った。(出張図書室での貸出冊数135冊)

2学期は学級文庫を設置。いろんなジャンルの本を盛り込むように編成した10冊を全教室設置 

 ・図書まつり(委員会主催行事)
    教員による紙芝居や廊下掲示等、生徒の自主性を重んじた企画を実施

▲PAGE TOP

利用案内

・開館時間  8:10〜18:00
          ただし臨時に閉館したり、閉館時間が変更になる場合があります。
・閉館日   学校の休日
          ただし夏休み中の課外のある日は開館します。
・貸出    一人3冊2週間以内


利用規程

T 図書について

 (1) 館内閲覧

  1. 閲覧室の図書は自由に閲覧することができる。ただし閲覧室外に持ち出しはならない。
  2. 閲覧後は必ず元の位置に正しく返却すること。

 (2) 貸出および返却

  1. 所定の手続きによって館外貸出をする。
  2. 貸し出しは一人3冊2週間以内とする。
  3. 禁帯出書、辞書、事典、年鑑、新聞、雑誌、画報などは貸出しをしない。
    ただし、雑誌で発行2か月を経過したものは貸出可。

U コンピュータについて

 (1) コンピュータの利用

   コンピュータ利用時のマナー向上に努め、高校生として、1人の人間として自覚ある使い方をすること。
   なお、公共物の利用法として、ふさわしくないと認めた場合は利用を中止させることがある。

  1. メールやチャット、掲示板への書き込みはしないこと。
  2. インターネットを利用しての物品の売買をしないこと。

 (2)貸出および返却

  1. 開館時間中は特に許可を受ける必要はないが、考査前、考査期間中の放課後は原則として使用禁止する。
  2. 個人のID、パスワードでログインすること。
  3. プリントアウトするときは無駄にならないように気をつけること。
  4. 終了時は確実に電源を切ること。

V センター利用について

  1. 開館は原則として、午前8時10分から午後4時40分までとする。(実際は午後6時まで開館)
  2. 貸出図書及びコンピュータを破損または紛失した場合はその事情により相応の弁償をさせる。

▲PAGE TOP

新着図書リスト


▲PAGE TOP

司書室だより

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35



▲PAGE TOP

リンク

県立図書館レファレンスリンク集が大変便利です
▲PAGE TOP