理科における探究的授業の試み

◆基礎科学
今年度理科では「基礎科学」を取り入れ、生徒の理科に対する興味・関心を高めることができる授業を目指し、教諭7名と実習助手2名でチームを組んで授業改善に取り組んでいます。

生徒の生活経験から題材を選び、学びへとつなげることを意識しています。
授業の中で
 ・意欲的に取り組む姿
 ・課題解決のため思考する姿
 ・自分の考えを相手に伝えようとする姿
が見られるように計画をしています。

   
▲授業検討会の様子 ▲互いに授業を参観 

【授業例】
物理分野では実験講義を取り入れ、毎回の授業で「題材(実験)の提示→予想→検証→考察」のサイクルを繰り返し、生徒に定性的な概念を獲得させる。

・熱の性質とその利用
・温度計を作る
・いろんな種類の温度計
・温度と分子運動
 ◀ワークシートの例
この授業で獲得した概念を、次年度に履修する物理基礎へと応用できる力を身につけさせることをねらいとする。  

【再検討と修正】
授業ごとに再検討を行い、修正を加えます。
検討会では、若手、ベテランの境界無く、意見をぶつけ合い、より良い授業を目指します。 特に、チームで開発したオリジナル教材は生徒の活動の様子を踏まえ、1時間ごとに修正を加えていきます。

   
 ▲実験の様子 ▲グループワークの様子 

化学 物理 生物