福井県立大学ポスター発表会

【平成29年度】
兼 第2回探究協働会議(平成29年10月8日)
2年理数探究科生徒が、課題研究の中間のまとめをポスター発表しました。

          ★     ★     ★

ポスター発表に先駆けて、探究協働会議の一環として、東京大学海洋アライアンス特任研究員・田中隼人氏のミニ講義を受けました。
ピーター・メダワー「若き科学者へ」という本の内容を交えながら、「初心者は文献を読まなければいけない」、「良い仮説とそれが真かどうかは無関係である」、「科学とは大きな問題を一つ一つ小さな課題へ切り分けていき、小さな課題を解くことで大きな問題を解いていくことである」といった研究についてのお話しを聴きました。また、ポスター発表のメリットは発表しながらやり取りが出来ることである。聴衆している人とコミュニケートしながらプレゼンすることの重要性についてお聴きしました。

          ★     ★     ★


ポスター発表では、福井県立大学の学生さん達が多数来てくださり、発表を熱心に聴いてくださいました。田中先生からのアドバイスのように、聴衆する人と交流することや、原稿をなるべく読まないこと、いつでも質問できる雰囲気を作ることなどに気を付けながら発表しました。課題研究について校外で発表するのは今回が初めてでした。

探究協働会議の研究者の先生方には、研究の「背景」「目的」「方法」についてご意見をいただきました。今後の研究を深めていく上で、「方法」を見直す良い機会となりました。頂いたご意見をもとに、改善すべきところを修正しながら今後の課題研究に取り組みます。


 
  

2018/03/23更新