校内研究発表会

80を超えるポスターと多分野にわたる口頭発表でプレゼンテーション能力と課題設定能力を鍛える
毎年2月にSSH校内研究発表会を実施しています。
1年間取り組んだ、課題研究の成果を、わかりやすく伝えるプレゼンテーション能力を高めると同時に、研究についての指導・助言をいただき、課題の再設定を行い、「課題設定能力」の育成を目的にしています。



1 日 時   平成30年2月17日(土) 10時00分~15時10分
2 場 所   若狭高等学校 視聴覚室、体育館他  

A 口頭発表の部

【2年理数探究科課題研究中間発表】 10時00分~12時10分
発表テーマ 助言者
教室をより暖かくするための方法
真球に挑む
熱電窓の事前実験と今後
安永和史氏
(若狭湾エネルギー研究センター)
ビデオポーカーにおける最善戦略の研究
サリチル酸メチル合成実験の効率化
不便な現状を変える。〜特許取得への道〜
田中隼人氏
(東京大学海洋アライアンス)
三方湖のヘドロ問題改善
三方五湖におけるブルーギルの前期群、後期群とヒシの被覆面積との関係
トリハマ縄文人の謎に迫る ~花粉分析による出現時期の特定~
北川淳子氏
(福井県里山里海湖研究所)
マイクロプラスチックの現状
谷田部ネギの甘さの原因
大泉徹氏
(福井県立大学)

2年生理数探究科が1年間取り組んできた課題研究の中間発表を行いました。口頭発表形式で発表10分、質疑応答5分のスケジュールで開催しました。

今年度は11テーマを4つの部屋に分かれて発表しました。また大学や研究機関と連携しながら研究を進めるグループが増え、 身近な問いをより科学的な視点で考えられるようになりました。各会場とも少人数での開催となり、アットホームな雰囲気で進み、質疑応答も盛り上がりました。

専門家の先生や宮城県立気仙沼高校、県内SSH校、近隣の中学校の生徒さまからたくさんのコメントを頂き、今後の研究の指針となりました。 今後さらに追研究を行い、次年度研究論文にまとめます。





【2年国際探究科学習成果発表】10時00分~12時10分
発表テーマ 助言者
発表1「旭座活用術」
発表2「地域活性化について」
休憩
発表3「若狭と鉄道」
発表4「Come on! Foreigner!」
閉会行事(全体高評)
佐々井司氏
 (福井県立大学)
長谷川裕子氏
 (福井大学)

2年生国際探究科が1年間取り組んできた課題研究の途中経過についてスライドにまとめ、発表を行いました。

発表会には1年生の文理探究科の生徒や宮城県立気仙沼高校の生徒などが聴講しました。4つの発表それぞれが、助言者の方や聴講している方から質問を頂きました。 そして最後に本校卒業生からのコメントや助言者の方からアドバイスを頂きました。

今年度の研究で得られたことを次年度さらに発展させて研究していく予定です。




B ポスター発表の部 13時10分~15時10分

 会 場  大体育館及び小体育館
発表生徒 2年国際探究科     (社会研究成果発表)
2年理数探究科     (SSH課題研究中間発表)
2年海洋科学科探究コース(SSH課題研究中間発表)
1年海洋科学科     (海洋探究Ⅰ成果発表)
1年普通科       (探究Ⅰ成果発表)
 講 師 探究協働会議講師・SSH運営指導委員・県内外中学校、高等学校教員
 日 程 13時10分  開会行事(講師紹介 諸注意)
13時20分  ポスター発表(①13:20~13:50 ②13:55~14:25 ③14:30~15:00)
15時00分  閉会行事
         講評:SSH運営指導委員長 安濃田氏

これまで1年間取り組んできた課題研究の成果や途中経過を各グループ事前に10枚ほどのポスターにまとめ、その発表を行いました。 1年生全学科、2年生国際探究科、理数探究科、海洋科学科に加え宮城県立気仙沼高校からもご参加頂き、合計122のグループが発表を行いました。

また聴衆としては、地域の中学生171名をはじめとして、保護者、他校教員、市町の職員など多数の方にご覧頂きました。 聴講した人からは発表の良かったところや改善点について「いいねシール」というシールにコメントを書いて頂き、 それをポスターのそばに貼ることで共有することができました。

発表者はこのコメントを次年度の研究に生かしていきます。




研究テーマ一覧
ポスター
番号
発表順 研究テーマ ポスター
番号
発表順 研究テーマ
1 1 海底のマイクロプラスチック調査 67 1 田烏のへしこなれずし
2 2 紙飛行機のコントロール 68 2 小浜市の観光を活性化させよう!
3 3 若狭町の特産品を広めていくには 69 3 若狭町の知名度をUPさせるには
4 1 旭座活用術 70 1 若狭ぬり箸を知ってもらうためには?
5 2 小浜の旬の魚をPRするには 71 2 小浜の海と山をきれいにするために
6 3 小浜市によりたくさんの観光客を呼ぶために 72 3 谷田部ネギの甘さの原因
7 1 若高生から見た小浜市への要望 73 1 誰もが住みたいと思うおおい町をつくるには
8 2 地域の祭りを広めるには 74 2 ジビエ料理を普及させるには
9 3 若者が挑戦できるまちはUターン率をアップさせるのか? 75 3 人工漁礁による環境の改善と生物のすみか
10 1 風力発電で街灯をつけられるのか 76 1 防災対策庁舎は保存すべきか解体すべきか
11 2 OHI TOWN'S PR  77 2 若狭地域の特産品を身近なものにしてもらうためには
12 3 小鯛の笹漬けのヌメヌメ 78 3 若狭の食材を有名にするには
13 1 不便な現状を変える。〜特許取得への道〜 79 1 若狭と鉄道
14 2 ブルーフラッグを浸透させるために 80 2 小浜市の工芸品を全国の若い世代に知ってもらうには
15 3 へしこの不思議 81 3 若狭小浜の鯖を有名にするためには
16 1 小浜市のゆるキャラをPRするためには? 82 1 小浜市の特産品をPRするには
17 2 マダイによるマイクロプラスチックの誤飲 83 2 和久里壬生狂言によって小浜に観光客をよぶには
18 3 手のひらの菌と身近な物質による殺菌 84 3 Come on! Foreigner!
19 1 外国語教育 ~若い世代へ~ 85 1 おおい町の特産品・施設・祭りのアピール方法の向上について
20 2 真球に挑む 86 2 魚食を脅かすアニサキス ~その生態に迫る!!~
21 3 マイクロプラスチックを減らすために 87 3 小浜市の観光地とその課題
22 1 小浜市のへしこをPRするには? 88 1 小浜市を食のイベントで活性化!
23 2 小浜市の特産品をよりよくするために 89 2 日本の食品ロスの現状改善のために私たちができる取り組みについて
24 3 マイクロプラスチックの成分分析 90 3 高浜町の観光客・移住者を増やすために(隠れスポット)
25 1 小浜の食の良さを広めるために 91 1 三方湖のヘドロ問題改善
26 2 小浜の駅前をリニューアル 92 2 くずの全国知名度を上げるためには
27 3 トリハマ縄文人の謎に迫る~花粉分析による出現時期の特定~ 93 3 小浜湾の環境問題
28 1 小浜市の特産品をPRするために 94 1 知られざる高級貝タイラギ!!~小浜にもいる!?
29 2 小浜の伝統を継承していくために 95 2 でっちようかんアレンジ大計画
30 3 若狭地域の生物被害をなくすためには 96 3 小浜市の活性化
31 1 若狭に海ぶどうを!!~海ぶどう養殖で地域活性化へ~ 97 1 若狭の若狭煮を復活させよう
32 2 クモの白帯 98 2 小浜の海に観光客に来てもらうには
33 3 三方五湖の自然・生物・伝統を守るために 99 3 高浜町活性化のためのお金の利用方法
34 1 気仙沼における水産物の販売戦略にブランド化は適しているか 100 1 地理的条件を考慮した海洋教育
35 2 若狭塗り箸を全国に広げるためには!! 101 2 若狭和田海水浴場の美しさを維持するためには
36 3 名田庄についてより多くの人に知ってもらうためには 102 3 小浜へのファミリー層、若年層の観光客を増やすためには
37 1 ミドリガメの駆除について 103 1 若狭の鯖をPRするためには?
38 2 ガウス加速器における透磁率と射出速度の関係 104 2 外国人に来てもらって小浜市を活性化させよう!
39 3 和田浜の観光客を増やすには 105 3 若狭に春を!伝統漁業イサザ漁守れ
40 1 サリチル酸メチルの合成実験の効率化 106 1 和田浜の海水浴以外の楽しみ方のPR
41 2 若狭の伝統工芸品を国内に発信するためには? 107 2 小浜の海と漁村集落をPRして観光客を増やすには
42 3 小浜の海の環境について 108 3 熱電窓の事前実験と今後
43 1 台風接近時に若狭湾が周辺地域に及ぼす影響 109 1 海底にたまらないエサ作り
44 2 小浜市をPRするためには 110 2 杜仲茶を使った新たな名産品で高浜を有名に
45 3 へしこの香りの変化 111 3 小浜の方言の伝承
46 1 小浜市の特産品をたくさんの人に知ってもらうには 112 1 小浜市にイルカを増やすために何をすべきか
47 2 サメの利点を活用した観光への貢献は可能か 113 2 三方湖におけるブルーギルの前期群の生存のヒシの被覆面積との関係
48 3 小浜市の人口を増やすには 114 3 おおい町の観光施設に来てもらうには
49 1 小浜市の食材を有名にするためには? 115 1 音楽フェスで地域活性化!?〜ミュージックツーリズム〜
50 2 扇風機だけで教室を涼しくする方法 116 2 未利用魚で地域活性化
51 3 小浜湾を最高の釣りスポットにするには 117 3 おおい町の空き家を良い方向にもっていくには?
52 1 小浜の観光資源を広めるには 118 1 マイクロプラスチックの現状
53 2 高浜町移住者増加計画!! 119 2 小浜市のふるさと納税を活性化するためには?
54 3 「はまらいんや」が気仙沼で親しまれてきた理由 120 3 若狭塗り箸をよりよく知ってもらうためには
55 1 小浜市の観光客を増やすには(まずは地元から) 121 1 鳥獣被害への対策法
56 2 マイクロプラスチックへの挑戦part2 ~季節変化~ 122 2 気仙沼「大島カブ」を家庭料理に普及させよう!!
57 3 酸化チタンによる水中での光触媒効果  
58 1 若狭の鯖と世界の鯖
59 2 ビデオポーカーにおける最善戦略の研究
60 3 若狭塗りを世界の人にも知ってもらおう
61 1 若狭湾産モズクの抗酸化性
62 2 プラナリアの記憶保存について
63 3 高浜町の活性化
64 1 地域活性化について
65 2 新しい魚の栽培漁業
66 3 若狭町の観光客を増やすには