ふくい理数グランプリ


◆「ふくい理数グランプリ」って…
中・高校生の科学的な思考力・判断力・表現力を育成することを目的として,平成20年度から福井県教育委員会の主催で開催され、今年度で8回目の開催となりました。
これは,JSTが開催している「科学の甲子園全国大会」のモデルとなった事業です。
数学・理科・物理・化学・生物・地学分野において3人のチームで,授業で学習したことをベースに,実生活に関連した実験・観察問題に取り組みます。

ふくい理数グランプリ本選において総合得点で優勝すると、福井県代表として科学の甲子園全国大会に出場することができます。

◆「ふくい理数グランプリ」若狭高校生の受賞歴
年度   表     彰 
H24   生物優秀賞・化学優秀賞・地学優秀賞
H25   生物優秀賞2チーム・数学優秀賞
H26   生物最優秀賞・化学優秀賞・数学個人奨励賞
H27   生物最優秀賞・生物優秀賞・数学個人奨励賞
H28   生物最優秀賞・化学優秀賞・地学優秀賞・数学優秀賞・数学個人奨励賞 
 
 

【平成29年度】
◆本校 数学(個人)で最優秀賞! 数学・物理・生物は優秀賞!
本校から25チームが出場し、うち15チームが予選突破というすばらしい成績で迎えた本戦。数学の個人部門で最優秀賞を受賞し、さらに団体部門では数学・物理・生物の各グランプリにおいても優秀賞を受賞しました。特に生物は2チームが優秀賞を受賞するなど素晴らしい成績を収めました。

参加した生徒は、「事前の学習会が役に立って良かった」、「チームで意見を交わしながら実験・観察を進めることが楽しかったし、自分一人ではできなかったこともチームでならすることができた。学校ではできない体験で、貴重な経験となった」、「テーマが野菜と米のように身近なものだったので生活と結びつけて考えられたことが面白かった。発表についても、自分たちで考えて伝え方の勉強にもなった」など満足した様子でした。来年度以降も更に参加者が増えて充実した活動ができると良いと考えています。

  ▼受賞者
    
   △数学グランプリ 個人 最優秀賞  △数学グランプリ 優秀賞「Re:中パーと仲間達」
    
  △生物グランプリ 優秀賞「156ガールズ」 △物理グランプリ 優秀賞「加速度戦士矢馬士」 
◁生物グランプリ「わかさJK」
   
   
▲数学グランプリ ▲物理グランプリ 
   
▲化学グランプリ ▲生物グランプリ
   
▲地学グランプリ  
2017/10/03更新
【平成28年度】

      ◆科学の甲子園結果
平成29年3月17日(金)~20日(月)に茨城県のつくば国際会議場・つくばカピオで開催された科学の甲子園 第6回全国大会に本校生徒のチームが参加しました。 実技競技の予選1を1位で通過しましたが、その後の予選で敗退、惜しくも決勝には残れませんでした。しかし、エキシビジョンマッチでは堂々の優勝を飾り、その実力を示しました。
    
   
2017/05/16更新

◆本校 生物チーム「若狭A」先輩に引き続き3年連続最優秀賞!
数学・化学・地学は優秀賞!

本校から17チームが出場し、うち11チームが予選突破というすばらしい成績で迎えた本戦。 本校生物チーム「生物A」が、2連覇を成し遂げた偉大な先輩チーム「かきもりと愉快な仲間達」に引き続き、最優秀賞を受賞。これで3年連続です。 さらに数学・化学・地学分野においても優秀賞を受賞しました。 最優秀賞は1チームでしたが、その他の分野でも優秀賞や個人奨励賞を受賞するなど、総合力で「科学の甲子園」出場権を獲得しました。
 
  
  
 受賞者たち
   
 授賞式の様子 化学グランプリ 
   
 数学グランプリ 地学グランプリ 
   
 生物グランプリ