神田 実 : 地歴公民科

 「異質なものに対する理解と寛容の精神」を掲げる若狭高校に二度も赴任させていただくことができ、しあわせに思います。二度目となる若狭高校は、二年間の短い年月ではありましたが、二十四年前に初めて赴任した若狭高校勤務と合わせると、六年という時間(とき)を順造門の中で送ることができました。二度目の赴任になった今回の若狭勤務では、教え子を親に持つ生徒たちとも出会え、ほぼ四半世紀にも及ぶ時間(とき)の流れと共に、人とのご縁をあらためて感じることができた感慨深い二年間でした。
 また、今年度は就職指導主任として、コロナ禍の中、就職志望の生徒たちの指導に携わらせていただきました。新三年生の就職志望の生徒たちにおいては、新年度の基本的なレールは敷いておきましたので、新就職指導主任の先生、担任の先生と、よく相談をしながら、就職活動(志望進路実現への諸準備)に取り組んでほしいと思います。
 お世話になりました。ありがとうございました。