堀田 浩司 : 3年3組副担任・海洋科学科

 昭和60年3月31日、自家用車に積めるだけの荷物を積んで大手橋の袂にあった教職員独身住宅「雲浜寮」にやってきました。あれから35年が経過し、とうとう定年を迎えることとなりました。昭和、平成そして令和と教員として勤務できたのも、その間いろいろと支えてくれた先生方や、ともに学んだ生徒の皆さんのお陰だと感謝しています。  

 採用以来、小浜水産高校で勤務し小浜水産高校の閉校に伴い若狭高校に移動になりました。小浜水産高校は日本で一番歴史のある水産高校でその学校が無くなるということは福井県の宝物が無くなることと同じで非常に残念な思いをしましたが、それを引き継いだ若狭高校海洋科学科が水産高校と同じく地域に愛され、全国から尊敬される存在になったことは嬉しく思います。それもひとえに若狭高校の先生方や生徒の皆さんの頑張りだと思っています。  

 一旦定年となりましたが、今年度も引き続き若狭高校でお世話になることとなりました。よろしくお願いします。コロナ渦で大変な時ですがこの困難の中からまた新しいものが生まれてくると思っています。生徒の皆さんはこの状況をどのようにすれば自分の成長につなげることができるか、どうすればピンチをチャンスに変えることができるか、いままで誰も考えたことのない「問い」に挑戦してみれば如何でしょうか。